×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

厚生年金についてについて

厚生年金について

厚生年金ですが、男性では昭和35年度以前、女性では昭和40年度以前に生まれた方は経過措置で65歳になる前から年金がもらえます。
これは以前は男性は60歳から女性は55歳だったからであり急に引き下げるわけにもいかないので段階的に支給年齢を下げる措置を取ったためです。
収入の減少や失業等により保険料を納めることが経済的に難しいときの手続き。
また、退職して配偶者が加入する健康保険の被扶養者となる条件を満たす場合には、医療保険については、その健康保険の被扶養者となるための手続きを行い、年金保険は国民年金第3号被保険者となるための手続きを行います。

高い年金を減額する方法 ランキング

年金を払いたくない

どうにかして国民健康保険料は安くならないのか?」
と考えたことはないでしょうか?
『家計を削り、無理をしてでも国民健康保険料を払い続ける。』
私は決してそれが悪いというのではありません。
むしろ、すばらしい姿勢だと思います。
しかし、国民健康保険料の負担を少しでも削減することができれば、
家計はグッと楽になることでしょう。
そして、削減できた分を、貯金や住宅ローンなどに充て、
少しでも今の幸せを増やせるようになればと思います。

高い国民年金を減額する方法

もう"自称専門家"の間違った
情報は信じないでください..
傷病手当金と障害年金2級
を受給し、生活を安定させる
方法を、一般の人が知らない情報を含めて、現役社労士の
私が全てお教えします。
テキストと180日間のメールコンサルティングを使えば、あなたは生活費を
気にすることなく、家族と療養生活を送ることができるでしょう。