×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外から帰国した場合の手続について

海外から帰国した場合の手続

介護保険は、国内に住所がある人にのみ適用されますが、被保険者が会社により外国勤務を命じられた場合は、外国の社会保制度と二重に加入しなければならないという問題が生じていました。
転居により住所が変わったときは、次のとおり手続きが必要です。
外国の年金制度の適用を免除するための手続きができます。
また、海外勤務を終え、日本国内に住所を有するようになった場合には、介護保険の被保険者となるための手続きをします。
また、その事業所に常時使用される人は、国籍や性別、賃金の額等に関係なく、すべて被保険者となります。
その国と日本との間で結んでいる社会保障協定の内容によって、用意していただく書類は異なります。

高い年金を減額する方法 ランキング

年金を払いたくない

どうにかして国民健康保険料は安くならないのか?」
と考えたことはないでしょうか?
『家計を削り、無理をしてでも国民健康保険料を払い続ける。』
私は決してそれが悪いというのではありません。
むしろ、すばらしい姿勢だと思います。
しかし、国民健康保険料の負担を少しでも削減することができれば、
家計はグッと楽になることでしょう。
そして、削減できた分を、貯金や住宅ローンなどに充て、
少しでも今の幸せを増やせるようになればと思います。

高い国民年金を減額する方法

もう"自称専門家"の間違った
情報は信じないでください..
傷病手当金と障害年金2級
を受給し、生活を安定させる
方法を、一般の人が知らない情報を含めて、現役社労士の
私が全てお教えします。
テキストと180日間のメールコンサルティングを使えば、あなたは生活費を
気にすることなく、家族と療養生活を送ることができるでしょう。